■JogNoteデータインポート手順(for Mac) ■JogNoteデータインポート手順(for Win) ■現在テスト運営中です ■JoggFILE開発インフォメーション ■JoggFILEはサブスクリプションサービス■プロフィールやフレンド機能説明■ユーザー検索とフレンドリクエスト ■ご挨拶
ワークアウト日記
カレンダー 日記 グラフ
2020年8月12日(水)
11.04km 1時間09分13秒 9.57km/h (6'16/km)
5×2.14km@Easy

朝:
ストレッチポール(骨盤、肩甲骨)8種目×20回
軽いエクササイズ5種目
インプレイスジョグ6×1分(休憩30秒)

昼:
爪先立ちランジ10回@6秒、片脚ホップ8歩
インプレイスジョグ6×1分(休憩30秒)
呼吸筋トレーニング2×30回

夕:
5×2.14km@Easy 11.04km 1:09:13 33.3℃


-----------------------------
各種筋力トレーニングは初心者ランナーの障害率を下げない

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/sms.12743

初心者ランナー(18~60才)が上図のトレーニングを8週間×週3~5セッション行いました。
 resistance strength training:抵抗バンドを使った筋トレ、等尺性筋トレ
 Functional strength training:BOSUを使った自重筋トレ、ジャンプ系、バランス系
 Stretching control     :静的および動的ストレッチング

その後の4か月間はフォローアップ期間として上記のトレーニングは行わずランニングを継続しました。

その結果、上図の通りランニング関連障害の発生率に有意な差はありませんでした。著者はホームベースの筋力トレーニングが初心者ランナーの障害率を下げるようには見えないと述べています。

初心者ランナーが最初に障害を経験するのは5週目くらいとなっていますので、筋力トレーニングの効果が表れる前だろうという見方もできます。

Westwindさんへのコメント

ページ先頭へ戻る
読み込み中です