■オープン以降の開発状況 2021.7.31版 ■JogNoteデータインポート手順(for Mac) ■JogNoteデータインポート手順(for Win) ■JoggFILEはサブスクリプションサービス■現在テスト運営中です■プロフィールやフレンド機能説明■ユーザー検索とフレンドリクエスト ■ご挨拶
ワークアウト日記
カレンダー 日記 グラフ
2021年10月22日(金)
40km 1時間00分36秒 39.60km/h (1'30/km)
ROUVY-IRONMAN 70.3 Eagleman 40km

朝から冷たい雨で冬の一日だった。

さすがに今日は半袖シャツ1枚だけでは寒いと薄手の上着を一枚着て仕事をした。

職場の仲間はみんなもっと厚着、僕からしたら真冬の服装だった。

休憩室(食堂)、事務所を除いてエアコンは無い。

作業現場で扱う商品が野菜だからだが、夏もそうだが冬も大変だということだ。


夏は「本当に暑いよ~!」って脅されたほどでもなかったのは暑いのが好きで苦にならないからだろう。

真冬の寒さは今からちょっと恐怖、警戒。。。どれくらい着こめば耐えられるのか?

「もう着ぐるみくらい着こむよ!」と言う女性パートの仲間もいるし。

その内に冬仕様を整えなくてはと思う。


まあ、職場は週に3~4日通う道場、そこで心身を鍛えていると思うことにしている。

身体と心を鍛えながらお金(給料)を貰っていると思えば、こんなにありがたいことはない。

それに若い女性(20代~40代)のパートさんが多く、しかもなぜだか美人さんばかり、彼女達とたわいもない話をしながら仕事、作業のパートナーを務めることは刺激にもなりとても楽しみでもある。 そこで色々新鮮な情報を得ることもある。

ここに通っていれば急に老けたりボケたりすることもないなあと思う。


そんな職場から帰宅後、外は冷たい雨なので、、、最高気温も15度に届かない、

12度くらいだったようだが、、、部屋でバイク錬。


今日もROUVYで40kmのコースを選択。

昨日のROUVY 40kmでIM VR33のバイク40kmは完遂したはずだった。 だがVRの方にはその記録が反映しておらず、やり直し。

昨日の記録、1:03:35 より好タイムが出せないとちょっと悔しい。

それでIMのニュージーランドより更にフラットは高速コースであるIM70.3

イーグルマンのコースにした。

過去に1回はやっとことがあるのでそのフラットさは分かっている。

始めから全力で行こうと思っていた。


バーチャル・パートナーを9人選んだ。

その持ちタイムが1時間ちょどの人から1時間3分55秒の人まで。

目標は1時間から昨日のニュージーランドのタイム以内だったからだ。


このコースのプライベート・ベストは58分台だが、この記録の更新はほぼ無理だと思っている。

なぜならその後、ROUVYでの設定、センサーの更新を何回かやってそれまでのようにパワーが出なくなったからだが、、それまでが10%以上高いパワーでの走りで記録されたタイムでレースなんかでは申し訳ない感じがずっとしていたからだ。 やっと実力に近い出力(パワー)になったような気がしているが本当のところは分からない。


しかし実走だと40kmを1時間なんてのは、いくらフラットなコースでも一人ライドでは無理だろう、、、路面抵抗、重力抵抗よりも何より風の抵抗が一番大きいのに、バーチャル・ライドでは風圧はまったく感じないからだ。


お遊びだから、トレーニングになって鍛えられればいいわけだから細かいことは気にしない。 IMのVRもそう。 遊びながら刺激になればいい。

トライアスロンは遊び、、、目標というより手段に近い、、人生を楽しむ、より良い人生にするため、刺激になって仲間が増えて豊になればいい、、

レースもそんなに出たい出たいという気持ちも若い頃ほどはない。

レースに出ればその数か月前からワクワクが始まり、レース当日は当然ながら、その前後の数日も非日常の空間に浸れ、なんとも言えない至福な時間になる。


でもレースがなくても、出なくても、きっと走って、漕いで、泳いでという生活のスタイルはこれからもっとよぼよぼのおじいちゃんになっても続けると思うし続けたいなあと思う。 健康であることが大切だ。


と、内容がそれてしまったが、今日の40kmはVR33のために、、より良いタイムを目指した。

序盤一番後ろにいたが、昨日とは違いじわじわと前との差を詰め、1人ずつかわしていけた。 その差が何百メートルも離れていなかった、だいたい100m以内だったから前が見える感じで少しづつ順位を上げ、中間点では真中あたり(10人中5~6位?)。

タイムは31分台で、このまま2倍すると1時間2分から3分という感じだった。


一度は2位まで上がったが、ラスト5kmくらいで抜いて80mくらい後方にいた人が急激に追い上げてきて抜かれて3位に転落、、、追いかけたがパワーが違い差が広がるばかりで400m以上差をてけられて3位でフィニッシュ。

1時間は切れなかったけれど、上位出来の1時間36秒。


昨日のタイムより3分近く良いタイムだったのでやり直して良かったくらい。

ランで2分の貯金ができたようなもの、、、ランはレースという意識はあまりしないでトレーニングの一環として、いつもと違いアップダウンのあるコースを走り、その中でラップを切ってタイムを測ろうと思う。
[2021年10月22日(金)20:53]

kumaさんへのコメント

ページ先頭へ戻る
読み込み中です